食に飽きないように料理を覚える

人間にとって「食べる」という事は、生きていく上で欠かす事の出来ない大切な事です。人は毎日、最低でも一日に三回は「食べる」という行為を行います。毎日、同じ食べ物を食べていては飽きてしまいます。

ですが、同じ食材を使うにしても色々アレンジをすれば飽きる事無く食べる事が出来ます。飽きる事なく食べれるようにと、人間が昔から工夫してきた事は”料理”という方法です。

料理とは、食材や食品に調味料などを加え、加工を行う事を言います。それによって、一つの同じ食材から何通りもの食べ方をアレンジする事が出来るようになります。

それ以外にも料理を行う事(加熱する)で食材などに付いている寄生虫や微生物を殺菌する効果もあり、衛生面で食材を安心して頂く事が出来ます。

料理には世界各国、あるいは国内でも地域によって使用する食材や調味料などが様々です。その土地の気候の違いから、取れる食材や調味料が異なってしまう為、同じ食材でも様々な料理が作られます。

料理の語源・由来についてなのですが、料理とは中国語では本来「処置するや、世話をする」という意味を持っているようです。

日本では「調理するや、調理したもの」とされていますが、中国で調理という意味を調べてみると「整えるや、治療」という意味を持つようです。

ですので、日本でいう本来の”料理”と言う意味は「物事をうまく処理する」という意味が近いとされています。更に、料理はもともと”葬式用語”たっだと言われている説もあります。

その理由として、料理は日本の各地域の風習としてお通夜などで振る舞われる事が多々あります。

それは、料理を亡くなった方へ差し出し再生してほしいという願いが込められていたり、亡くなった方と最後に会食する事で”食”(く)い別れという意味を持つとされています。

更には、お通夜に来て下さった方に料理を振る舞う事で、亡くなった方に代わって善をなし、亡くなった方の供養がされるという意味もあったそうです。

現在のお通夜は、亡くなった方の親しい人達が料理を食べながら亡くなった方の思い出話しをし追悼するという意味が大きいとされていますが、本来はそうゆう意味合いもあったのですね。

私たちが生きていくために毎日行っている料理にも元を辿れば色々な意味や思いが込められて現在に至るのかもしれません。

私たち人間の歴史には料理はつきものですね。

当たり前にこなしている料理ですが、料理を出来る事に、食する事が当たり前に出来る事に感謝の気持ちを忘れずに美味しい料理を作り続けて行きたいですね。